支部長紹介

ごあいさつ

 初めまして。極真会館岐阜支部支部長の伊藤慎です。

 何の取り柄も無く平凡な自分を何とか変えたい、自分に自信を持ちたいという一心で、当時「極真だけはやめておけ。ただじゃすまないぞ」という周囲の声も逆に自分を奮い立たせる材料となり、大学入学と同時に多数の強豪選手を輩出している名門、極真会館京都支部の門を叩き川畑幸一師範の弟子となりました。

 実際極真空手を始めてみて、稽古は確かに厳しいものはありましたが、この厳しさこそが自分が望んでいたものだと、期待通りの厳しさがとても嬉しく感じられ、最初の頃は稽古についていくだけで精一杯でしたが、強い先輩たちに憧れ、自分もいつか先輩たちのように強くなるんだ!という気持ちでとにかくがむしゃらに毎日のように稽古しました。

 そのような毎日を送っているうちに、稽古すればするほど自分が変わっていく実感を得られ、気が付けば全日本大会で上位入賞できたり、世界大会に出場できるようになりました。もちろんそこには共に切磋琢磨する仲間の存在があり、当時はそれが自然すぎてあまり意識できませんでしたが、今になって仲間の有難さがよく分かります。

 昔はとにかく試合で勝つことを目標に空手を続けてきました。しかし続ければ続けるほど空手の持つ奥深さに惹かれ、探求心が沸き起こり、更に深く追求していこうという気持ちが強くなってきました。また空手の稽古を通して身につけた向上心、自制心、克己の精神はそのまま日常に活かされなければ意味がないと強く感じています。現在では試合の強さのみならず、「道」として空手を追求する楽しさ、やりがいを多くの人に知ってもらいたいという思いで指導に当たっています。

 ただ一つのことに打ち込み、生きていく上での心の芯となるものがあるのは本当に幸せなことです。

 「極真空手のお蔭で人生が豊かになった」と言っていただけるのが私にとっての最大の望みです。

 私たちと一緒に極真空手をやりませんか?

 あなたにお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

 

伊藤 慎 主な経歴

  • 1972年 11月3日生まれ
  • 1992年 立命館大学入学と同時に極真会館京都支部に入門
  • 1998年 第1回ワールドカップ(パリ開催)に日本代表選手に抜擢される
  • 1998年 第15回全日本ウエイト制大会軽量級4位
  • 1999年 第16回全日本ウエイト制大会中量級2位
  • 1999年 第7回全世界大会 日本代表
  • 2000年 極真会館総本部に移籍 本部指導員となる
  • 2000年 第32回全日本大会(無差別) 6位入賞 技能賞獲得
  • 2002年 第19回全日本ウエイト制大会中量級優勝
  • 2002年 第2回ワールドカップ(ブラジル開催) 日本代表
  • 2003年 第8回全世界大会 日本代表
  • 2004年 岐阜支部長就任

その他メニューのご紹介

よくあるご質問

よくあるご質問にお答えします。

入会案内

入会にかかる料金のご説明です。

生徒さんの声

当道場在籍の生徒さんの声です。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

058-254-1833
  • お子様のしつけや集中力強化、体力強化
  • 生涯続けられる習い事・趣味としての武道を…

一緒に、空手の楽しさ・奥深さを感じ、心身ともに鍛えながら豊かな人生にしていきませんか?

機関誌 ワールド空手

5月号 発売中 定価900円

CONTENTS

[最新情報]
4月21日(土)22日(日)東京体育館
2018国際親善大会(第35回全日本ウェイト制、2018世界女子ウェイト制その他)

6月2日(土)3日(日)大阪府立体育会館
I.K.O.セミコンタクトルール2018全国交流大会/2018全国型交流試合

[インタビュー]
松井章奎館長
極真会館がなぜ今、セミコンタクトルールの競技に着手するのか?
 
全国各地区で行われたI.K.O.セミコンタクトルール講習会レポート

2.10~2.12冬季全国選手強化合宿レポート
「これからの極真空手は100発叩いて倒すのではなく、
1発の技を決めて倒す!」
男女合同合宿で女子も改定ルールへの意識改革に

全日本チャンピオンとして初めて臨んだ選手強化合宿
髙橋佑汰

冬季全国選手強化合宿/参加男子選手&女子選手アンケート

鎌田翔平が勝利のポイントを徹底解説!
これが『第49回全日本大会』の決め技のメカニズムだ。
中段廻し蹴り・中段前蹴りに対する捌き技解説

PREVIEW
第35回全日本ウェイト制空手道選手権大会
改定ルール施行2年目の進化を見せる
四強に次ぐ存在感を見せるのは誰か!?

大会のご案内

2018国際親善空手道選手権大会
第35回全日本ウエイト制空手道選手権大会